喜寿のお祝いプレゼント|人気おすすめランキングはこちらです。

喜寿のお祝いプレゼント~とっても喜んでもらえたお勧めのお品をご紹介

こんにちは、最新の “人気アイテム” をご紹介するレコメンドスタイルの木村です。

今回のテーマは喜寿のお祝い!です。


日本には数え年で長寿を祝う習慣があります。

77歳の歳に行うのが喜寿で、かつて今ほど平均寿命が長くなかった時代に喜寿のお祝いをしてもらえる人というのは本当にすこやかな歳の重ね方をして平均寿命を過ぎた年代に至った人であり、長寿をお祝いする子孫の側も祝ってもらえる側も感慨深いタイミングであったことでしょう。

いまや日本人の平均寿命は男女共に世界一にもなったことで、喜寿のお祝いをすることは一昔前とは少し違った意味がある時代になりました。

元気な高齢者が増え、77歳を迎えてもまだまだ現役を続けているという人も多く、そんなアクティブな年齢を過ごす人生の先輩をたたえ、これから先も元気で居てほしいという願いを伝えるための儀式ともいえるものに変わっているようです。

よく還暦には真っ赤なちゃんちゃんこを送るしきたりがありますが、喜寿の祝いには赤ではなく紫色を使う習慣があります。

でも、現在ではあまりしきたりにとらわれすぎず和やかに子供や孫が集まってオリジナルでお祝いを開催するという家族が増えているようです。

みんなで集まって食事をしたり、それぞれにプレゼントを贈ったりすることで、楽しいひと時を過ごすというやり方が人気です。

大切なことはあくまでも本人の意向に沿ったものにすることで、しきたり尽くめで堅苦しすぎるものになり過ぎないようにするといいのかもしれません。

勿論古式ゆかしいやり方での喜寿のお祝いを希望する人ならば、思う存分しきたりを重視した格式高いものにすることもできます。

また、その土地によってそれぞれ異なる独特のしきたりや、作法を守っておこなうものもステキです。


ところで喜寿は、みなさんご存知のように「七七歳のお祝い」……ですね。

「喜の字の祝い」「喜の字の齢(よわい)」ともいいます。

では、なんで七七歳のお祝いを喜寿と言うのかご存知ですか?……

それは『喜』という漢字に秘密が隠されているんですね。

『喜』を草書体で書くと、このようになります。

よ~く見て下さい・・・・もうお分かりですよね!

この草書体、「七」の下に「十七」と書いてあるので、「七」+「十七」=「七十七」というわけです。


それでは、喜寿のお祝いプレゼント……人気の贈り物!

……とっても喜んでもらるお勧めのお品をご紹介いたします。


★ ランキング1位 ★

【幸せのメッセージ額絵・花なまえの詩】

喜寿のお祝いとして、大切にしてる方への想いがとってもよく伝わると評判なのがコチラの【花なまえの詩】になります。

大切な、大切なお名前が詩……ポエムとなっているんですよ。

詩というものは、心を打つ何かがあるんでしょうね。

私の聞く限り、どなたも

「贈って本当に良かった!」

「このようなとっても素敵な贈り物を紹介して頂いてありがとうございました。」

とおっしゃいます。

可愛い可愛い動物たちは“干支”をモチーフにしているんです。

干支に見立てられたお孫さん達に囲まれたイラストは、ほのぼのとして、とても、とても温かい感じますよね。

新たに「プチシリーズ」も加わり、お値段も11,880円(税込)から。

今、一番のお勧め!……喜寿祝いのお品です。

喜寿祝いにお勧め!【花なまえの詩】はコチラへ

★ ランキング2位 ★

【カタログギフト・日本のおいしい食べ物】

最近、人気の高い喜寿のお祝いが「カタログギフト」なんです。

いったい何を贈っていいのかわからない?

実際、誕生日、敬老の日、父の日、母の日と年に何回も贈り物をしてる方は、そのたびに悩んでしまいますよね。

そこで贈る相手に選んでもらえるカタログギフトは重宝するというわけです。

コチラのカタログギフトは「made in Japan」と「日本のおいしい食べ物」という2冊のカタログが届き、そのどちらかから選ぶことができるというものになっています。

「made in Japan」はとっておきの日本の伝統的品々を集めたカタログギフト。

「日本のおいしい食べ物」はそれこそ読んで字のごとく、日本津々浦々から美味しいものを集めたカタログギフトになっています。

しかも、少し金額がアップしますが「風呂敷包み」を選ぶことができるのも人気が高い理由になっています!


喜寿プレゼントにお勧め!【カタログギフト・日本のおいしい食べ物】はコチラへ

★ ランキング3位 ★

【名入れ酒】

お祝いの席で、年配の方に人気があるのはやはり日本酒です。

和食との相性は、やっぱり抜群ですね。

そしてコチラは、名入れ酒になります。

まずはベーシックなタイプで名前が入るタイプです。

喜寿の贈り物としては、チョッとつまらないかもしれませんね。


次はメッセージを入れるタイプです。

グーンと気持ちが伝わる感じになったと思いませんか。


そして、写真をラベルにすることができるタイプです。

じいちゃん、ばあちゃんだったらお孫さんの写真がやっぱり嬉しいですよね。

これだったら飲んだ後も飾っておくことが出来るし、なんだか賑やかな感じでいいと思いますよ。

喜寿の贈り物にお勧め!【オリジナル名入れ酒専門店】日本酒ギフト.comはコチラへ

★ ランキング4位 ★

【似顔絵酒】

一方コチラの喜寿のお祝いは、似顔絵がラベルになった日本酒です。

まだまだ漢字が読めないお孫さんなどには、似顔絵のほうがわかりやすいですね。

「あっ、じいちゃんがココにいる……」

なんて言葉が思わず出てきますね。

お酒は透明ですが純米大吟醸酒。

桐箱に紫の布に包まれて届きます。

喜寿のお祝いにお勧め!【似顔絵酒】はコチラへ

※日本酒が苦手な方にはワインも用意されていますよ!

★ ランキング5位 ★

【ミディ胡蝶蘭スーパーマーメイド2本立ち】

さて、最後に喜寿祝いとしてご紹介するのは、胡蝶蘭です。

女性は花束をもらうのが好きだといわれています。

お花がなぜ喜ばれるか、それはその一瞬は切り取られた命でありながらも最高にきれいな状態で命をささげてくれているからなのだとも言われています。

美しいお花を贈ることはその一瞬を大切にすることを意味し、やがては枯れて消えてしまうものだからこそもらった時の喜びもひとしおなのです。

大切な人の喜寿のお祝いに、花を贈るのはとてもステキですね。

そんな時に花束も勿論いいのですが、華やかな胡蝶蘭の鉢植えを贈るのも、とても喜ばれています。

胡蝶蘭は数ある花の中でも、最も豪華で華やかさを持つ鉢植えです。

そのため開店祝いなどにもよくプレゼントとして選ばれるお花のひとつですね。

特別なお手入れをしなくても何輪もの花が一斉に咲いて、長い間咲き続けることから贈り物として現在も高い人気を誇っています。

すっきりとした花の形と独特のノーブルな雰囲気を持ち、清らかで上品な印象を持つ白を始め、可憐なピンク色や鮮やかな黄色などたくさんの種類があることでも知られています。

まるで蝶のような花びらの形が魅力的で、飾るととても見栄えのする美しい花です。

いつまでも枯れない造花とは異なり、いくら長持ちするとはいえ胡蝶蘭も長くても数ヶ月すればやがて花の寿命が訪れます。

消えてしまうからこそ、そのはかない美しさを楽しめるのが生花のよさで、その美しさを長い間楽しんで惜しまれながらやがて枯れてゆくことで、届けたいメッセージが贈った相手の心により深く刻まれることでしょう。

喜寿のプレゼントにこんな胡蝶蘭の鉢植えを贈るという、どこか洗練された粋な演出は考える方も、贈られる側もどちらも幸せで一杯にしてくれるプレゼントです。

そして私が選んだ特別な胡蝶蘭は「ミディ胡蝶蘭スーパーマーメイド2本立ち」です。

落ち着きの中にも華やかな雰囲気があって、とってもいい感じだと思いませんか?

77歳を祝うのにもってこいの胡蝶蘭でないでしょうか。

女性の喜寿のお祝いに!【ミディ胡蝶蘭スーパーマーメイド2本立ち】はコチラへ


以上、今回は “喜寿のお祝い”……最近とても人気がある商品をご紹介させて頂きました。


■LINK
  • 喜寿祝いの年齢と意味や由来!お祝いの色は? ? 豆知識PRESS
    喜寿の年と意味や由来とお祝いの色! 日本には、数字で数える年齢の他にも、漢字で表す年齢の読み方があります。 例えば、「喜寿」がそうなのですが、皆さんは喜寿とは何才のことを指すかおわかりになるでしょうか。 また、喜寿にはお祝いをするためイベン...
  • 喜寿 - Wikipedia
    77歳, 喜寿, きじゅ, 共通, 「喜」の草体が七十七のように見えるため. 80歳, 八十路, やそじ, 共通. 傘寿, さん ...